フォレスターは安い!値段で納得のメリット・デメリット

フォレスターは安い!値段で納得のメリット・デメリット

 

ライバル車との価格を比較!

 

フォレスターと人気SUVの価格

 

フォレスターと並ぶ人気車種の価格を見ていきましょう。

 

中でも人気SUVと呼ばれる3車種と比較します。

 

フルモデルチェンジ前から人気のトヨタ「ハリアー」
デザインに優れたマツダ「CX-5」
4WD性能や走行性が注目される日産「エクストレイル」

 

これらの車種と比べて、どれほど価格差があるのでしょうか。

 

  価格
フォレスター 214万円?302万円
ハリアー 299万円?459万円
CX-5 244万円?329万円
エクストレイル 223万円?348万円

 

価格表からもわかるように、フォレスターの価格は他の3車種と比べて比較的安く設定されていますね。

 

この価格にオプションや諸費用などが加わりますから、もう少し価格は上がってしまいます。

 

中でもハリアーは一番安い価格のグレードであっても299万円となっているので、オプションや諸費用を含めると、乗り出しは300万円台からとなってしまいます。

 

それに比べフォレスターは、価格の一番安いグレードを選択し、オプションや諸費用を含めても200万円台で購入することができます。

 

最上級グレードについても、車両本体価格が他の車種と比べると安く設定されています。

 

フォレスターの走行性能や装備などを考えると、かなりコストパフォーマンスが優れていますね。

 

フォレスター(スバル)を手間なく安く買う方法はこちら

 

口コミからわかるフォレスターの評判

 

フォレスターを購入した人が考えるメリット

 

フォレスターを購入したユーザーが考えるメリットはどのようなものでしょうか。

 

まず、走行性に関して

 

  • 「加速がスムーズで良い」
  • 「悪路での走破性がある」
  • 「水平エンジンにより安定した走りができる」

といった評価が多かったです。

 

フォレスターには水平エンジンが採用され、安定した走りを実現しています。

 

水平エンジンとは
 
クランクシャフトと呼ばれるエンジン駆動部分を左右対称に配置することで稼働中の振動が少なくなり、より静かで安定した走りをすることができます。

 

振動が少なく、バランスのとれたエンジン配置によって車の重心移動が少なくなり、コーナーでのふらつきや車内の揺れをほとんど感じなくなります。

 

フォレスターの低重心で安定した走行性能に、多くのユーザーが高評価としています。

 

また、フォレスターはロードノイズなども少なく車内の静粛性もあります。

 

「静かな車内で快適」や「エンジン音も少なく良い」といった意見も多くありました。

 


車内の気密性が高く、不快な音が入ってくることもないので、長距離の運転も快適に走行できるのも魅力の一つですね。

 

フォレスターを購入した人が考えるデメリット

 

フォレスターを購入したユーザーの多くが燃費に関してやや不満に思っています。

 

  • 「燃費が悪い」
  • 「ターボ車はハイオク仕様なのでガソリン代がかさむ」
  • 「アイドリングストップがないので燃費が悪い」

 

といった意見が多くありました。

 

フォレスターにはアイドリングストップが装備されていないグレードもあるので、燃費があまりよくないという評価に繋がっています。

 

走行する環境や仕様目的などで違いはありますが、実際に乗っているユーザーの平均実燃費は約9km/L~11km/Lとなることが多いですね。

 

SUVは車全体が大きく、重たいため燃費がいい車とは言えないです。

 

ですから、ハイブリッド車のないフォレスターは、他の人気SUVと比べると燃費がやや劣ってしまいます。

 

また、乗り心地に関しても少し不満を持っているユーザーもいます。

 

「突き上げがある」「足回りが硬い印象」といった意見が多くありました。

 

街乗りをメインにしているユーザーが多いのでこのような評価になってしまっています。

 

SUVは悪路走行に優れた車種でもあるので、街乗りと悪路走行をバランスよく一台の車に組み込むことは難しく、どうしてもどちらかに偏ってしまいます。

 

なかなかすべての道路に適した乗り心地を可能にするの大変ですが、その中でもフォレスターは走行性と乗り心地をうまく兼ね備えた車になっていると思いますよ。

 

フォレスター(スバル)を手間なく安く買う方法はこちら