フォレスターの性能・スペックから見る魅力

フォレスターの性能・スペックから見る魅力

 

フォレスターの基本スペック

 

基本性能は?

 

まずはフォレスターの基本性能を見てみましょう。

駆動式 4WD
乗車定員 5人
シート数 2列
ミッション 4AT
最小回転半径 5.4m
全長×全幅×全高 4485×1735×1590(mm)
ホイールベース 2525(mm)
車両総重量 1665(kg)

 

フォレスターは他のライバルSUV車と比較して、全長や全幅などがコンパクトに作られています。

 

比較的コンパクトにまとまっているので、駐車場などを選ばず止めることができます。

 

また、最上回転半径も5.4mとなっておりSUVとして取り回しがしやすく快適に運転することができます。

 

さらに、フォレスターは運転席のアイポイントが高いなっているので、視界も良く車の大きさを感じさせない乗り心地となっているのも魅力の一つですね。

 

エンジン性能は?

 

次にエンジン性能を見ていきましょう。

 

フォレスターのエンジンには2.0L直噴ツインターボが搭載されています。

 

エンジンについては、簡単にまとめるとフォレスターは『バランスのとれたエンジン性能』が特徴です。

 

もともとSUVは、サーフィンやスキー、キャンプに乗る車という目的で開発されました。

 

今ではこのような山道や砂利道などの舗装されていない道のオフロード走行だけでなく、アスファルトなどで舗装された綺麗な道のオンロード走行でも活躍する車種となりました。

 

どちらの性能も欲しいというユーザーも少なくありません。

 

ですが、どちらか一方に特化してしまうと、もう一方の性能が落ちてしまいます。

 

街などの舗装されたオンロードに性能を特化してしまうと、山道などのオフロード走行の能力が落ちます。

 

オンロードではそれほどパワーなどが必要ないので、乗り心地重視の車になります。

 

また、逆にオフロードに特化すると、オンロード走行性能が犠牲になります。

 

オフロードではパワーやトルクなどを必要とするため、燃費が落ちたり、必要以上のパワーが搭載されてしまいます。

 

乗り心地も当然悪くなってしまいますね。

 

多くのユーザーは街乗りをメインです。

 

 

しかし、SUVを選択するユーザーはオフロード走行での性能も必要とします。

 

スタイル重視のSUVが多く販売されている中、フォレスターはオンロード・オフロードどちらの走行にもバランスがとれたSUVとなっています。

 

オンロードでの乗り心地はもちろんですが、オフロードでの走破性も十分です。

 

それぞれの項目から分かるフォレスターの魅力とは?

 

エクステリア

 

フロントグリルとフロントバンパーのデザイン変更で、SUVらしいゴツさを残しつつも近代的なアルミホイールが装着されたりと、スバルらしいデザインが魅力的ですね。

 

どこから見てもスバル車とわかるデザインが人気です。

 

インテリア

 

ドアガラスの板厚変更などにより、車内の静粛性が向上しました。

 

また前のモデルと比べると

 

  • アイポイントが高くなった
  • 運転席周りの見切りの良さがアップしたので視界が十分に確保

 

それにより女性の方でもスムーズに運転することができます。

 

さらに、車内の細かい部分の装飾も高級感がアップし、操作性も向上しています。

 

エンジン性能/走行性能

 

オンロード・オフロードともに、しっかりとしたエンジン性能で走破性もこのクラスのSUVでは頭一つ抜けている印象です。

 

コーナーリングでは、かなり安定した姿勢と保ってくれます。

 

SUV車は、車高が高いためコーナーを曲がるときに、どうしても車体が揺れます。

 

ですが、フォレスターはきつめに曲がっても車体が揺れることなく安定しています。

 

コーナーを曲がった後もしっかり加速してくれるので、走行性も十分ですね。

 

乗り心地

 

前のモデルからサスペンションなどが見直され、オンロードではもちろんですが、オフロードでの乗り心地もよくなりました。

 

また、トランスミッションからのノイズや路面からのノイズも減少し、車内の静粛性が向上してワンランク上のSUVとなっています。

 

燃費

 

SUVを選択するユーザーは、あまり燃費を気にしていないことが多いです。

 

ですが、街乗りで約12km/Lを出すユーザーが多くいます。

 

このサイズの車で、さらに4WD車がここまでの燃費が出せれるなら十分ですね。

 

一般的に4WD車は2WD車に比べ、燃費が落ちてしまうので、この燃費に満足しているユーザーも多いです。

 

走行する道路状況や環境によって燃費は変化しますが、10km/L前後の燃費があるなら及第点ではないでしょうか。

 

価格

 

フォレスターは走りや車内の質感が前モデルと比べて、かなり向上しています。

 

オンロード・オフロードをしっかり走行できるSUVとして満足しているユーザーも多いです。

 

そんなフォレスターを250万円前後で購入できるは魅力的ですね。

 

総合評価

 

デザインやスタイル重視で、オフロードへの対応能力が低いSUVとは違い、本格仕様のSUVとしてフォレスターはかなり人気です。

 

オンロードなどの街乗りでも、十分に性能を発揮してくれます。

 

フォレスターが1台あれば、買い物からレジャーまで適応できるので、満足しているユーザーも多いです。

 

フォレスター(スバル)を手間なく安く買う方法はこちら