フォレスターを大きく値引く交渉マニュアル

フォレスターを大きく値引く交渉マニュアル

 決算期を狙って交渉する

 

スバルのフォレスターを購入するにあたって、できるだけ大きく値引いてほしいと考えている方は多いでしょう。

 

しかしながら、大きく値引いてもらうためにはどのように交渉していけばいいのでしょうか。

 

ここでは、フォレスターを大きく値引く交渉マニュアルということで交渉のポイントについてお話ししていきます。

 

まず、交渉のポイントとなってくるのがそのタイミングです。

 

スバルのフォレスターに限ったことではないのですが、車の値引き交渉には適した時期というものがあります。

 

  • 1月から3月の年度末決算期
  • 6月から7月のボーナスの時期
  • 8月から9月の中間決算期
  • 12月のボーナスの時期
  • 年末商戦期

などが挙げられます。

 

この中でも特に値引き交渉に適していると言われるのが、決算期になります。

 

つまり、1月から3月の年度末決算期、8月から9月の中間決算期が値引き交渉にはいいのです。

 

この時期になるとこちらが驚くほどの値引きがなされることもありますので、スバルのフォレスターで大きな値引きを期待するのであれば、是非決算期を狙っていきましょう。

 

フォレスター(スバル)を手間なく安く買う方法はこちら

 

他社での条件を引き合いに出す

 

スバルのフォレスターを大きく値引いてもらいたいのであれば、ある程度こちらも勝負に出る必要があります。

 

スバルのフォレスターの値引きに限ったことではないのですが、交渉というのは基本的にお互いの腹の探り合いになります。

 

いきなり自分の手の内をさらけ出すようなことはお互いにしないものです。

 

特に、相手となる業者は言ってしまえば百戦錬磨の猛者なのです。

 

これまでにもたくさんのお客さんと交渉をしていますので、交渉に関しては相手のほうが上手になります。

 

言葉巧みにそこまで恵まれていない条件であっても、いかにも恵まれているように持っていくことができるのです。

 

実際に、それで勘違いしたまま契約を結んでしまうという方も少なくありません。

 

ただ、百戦錬磨の猛者といえども、他社に逃げられるのだけは避けたいという心理が働くものです。

 

だからこそ、こちらの切り札として

 

「○○社でお話を聞いたところ、〜という条件だったのですが・・・」

 

と他社での条件を引き合いに出すのです。

 

他社の条件を引き合いに出されれば、逃げられないようにその他社と同等かそれ以上の値引きをせざるを得なくなります。

 

もちろん、そのためには実際に他社で話を聞いておく必要があります。

 

フォレスター(スバル)を手間なく安く買う方法はこちら