フォレスターに搭載されたアイサイトの自動ブレーキ機能とは

フォレスターに搭載されたアイサイトの自動ブレーキ機能とは

 

アイサイトの必要性

自動ブレーキって必要なの?

 

自動ブレーキシステムに関して

 

 

「自動ブレーキは信用できない!」


 

「しっかり注意しているから、自動ブレーキなくても大丈夫!」


 

このような評判があります。

 

あまりこのシステムを信用していないユーザーが多いです。

 

ですが、

 

  • 自動ブレーキは衝突を回避するだけではなく、前車を追従するシステムや白線や黄線を認識。
  • 車線内を維持して走行する。

など、注意喚起や運転疲労の軽減にもつながっています。

 

アイサイトは、バージョン2/バージョン3と日々進化しており、今では自動運転に近いシステムとなっています。

 

他のメーカーからも自動ブレーキシステムが搭載された車種が発売されています。

 

しかし、他のメーカーと比較してスバルのアイサイトは実際に使用しているユーザーからの評判がとてもいいですね。

 

では、どのような機能が搭載されているのか見てみましょう。

 

スバル アイサイトの5つの機能とは

 

スバルのアイサイトは5つの機能を備えています。

 


アイサイトが装備されている車種には「ステレオカメラ」と言われる2台のカメラを車内に搭載し、歩行者や障害物を検知して運転を支援してくれます。

 

では、どのような機能が装備されているのでしょうか。

 

ぶつからない機能

 

『プリクラッシュブレーキ』と言われるシステムが装備されています。

 

衝突を回避してくれるアイサイトの中でも最も重要な機能です。

 

このシステムは、衝突の危険がある場合に警報やディスプレイ表示などでドライバーに注意喚起してくれます。

 

また、衝突回避操作があった場合やなかった場合、どちらの場合でもブレーキによる制御を行い衝突を回避します。

 

自動的に車両の減速・停止を行ってくれるので、万が一の時でも安心できますね。

 

ついていく機能

 

『全車速追従機能付クルーズコントロール』というものが装備されています。

 

0km/h~100km/hの間で走行中に先行車を検知し、追従する機能です。

 

ステレオカメラで対象車両を検知することによって、このような走行が可能となりました。

 

また、先行車が減速、停止操作を行うと、自車もブレーキの制御によって減速、停止を行います。

 

渋滞などでも活躍してくれる機能なので、細かいアクセルワークが必要な時には重宝する機能です。ペダル操作の煩わしさから解放され、快適な運転をすることができますね。

 

はみ出さない機能

 

『アクティブレーンキープ』という機能も搭載されています。

 

この機能は、車線走行を維持するものです。走行中に車線から逸脱しそうになるとステアリング操作をアシストし、車線からの逸脱を抑制してくれます。

 

このシステムもステレオカメラによって車線を認識して、安全運転を支援してくれます。

 

車線のはみ出しによる対向車などとの衝突を回避してくれるので安心です。

 

飛び出さない機能

 

『誤発進・誤後進抑制制御』が装備されています。

 

車が停車している際、前方に壁などの障害物がある場合に、アクセルを強く踏み込むと警報とディスプレイへ表示で注意喚起します。

 

また、これと同時にエンジン出力を抑える機能も備わっています。

 

エンジン出力を抑え、ゆっくりとした発進へとアシストしてくれます。

 

さらに、前進だけでなく、Rレンジでの後進の時でもこの機能は作動します。

 

駐車場内でペダルの踏み間違いによる事故や衝突を防いでくれるので、安心できますね。

 

 

注意してくれる機能

 

『警報・知らせ機能』というものも装備されています。

 

長距離の運転や単調な道では、疲労や眠気などで車がふらついたり、車線からはみ出しそうになると警報やディスプレイへの表示で注意喚起してくれます。

 

運転操作なども監視することができるようになっています。

 

また、信号や交差点などで、先行車が発進しているのに自車が発進しない場合も警報などで知らせてくれます。

 

アイサイトは、居眠り運転や衝突などの事故が防止できる優れたシステムです。

 

フォレスターユーザーの口コミ

 

口コミからわかるアイサイト

 

実際にアイサイトを搭載した車に乗っているユーザーの口コミや評価を見ていきましょう。

 

  • 「万が一の時のためにつけていている。この金額で命が守られるなら安い!」
  • 「運転疲労も軽減されて、重宝している」
  • 「自動運転のようで快適!」
  • 「他のメーカーより、かなり高性能な機能」

といったような口コミが多くあり、アイサイトを装備しているユーザーが多くいます。

 

スバルのアイサイトは他のメーカーより、かなり技術が進んでいる印象です。

 


特に、『プリクラッシュブレーキ』は、ただ減速するだけでなく、しっかり停止します。


レーダーで障害物を検知するものより、精度が高いですね。

 

ですが、反対にこのような口コミもありました。

 

  • 「車を少しイジることができない」
  • 「車高調などを入れられない」

アイサイトが装備されていると規定のサイズまでしかタイヤのインチアップできなかったり、車高の調節が難しいなどといった意見があります。

 

車のドレスアップをするユーザーにとっては、やや不満なようですね。

 

しかし、5つの機能がしっかり機能して、安全運転をサポートしてくれるアイサイトは他のメーカーと比べてもトップクラスの機能です。

 

全てこのアイサイトに頼るのではなく、日々注意しながら運転することも大切です。

 

ですが、万が一の時には欠かせない装備ですね。

 

フォレスター(スバル)を手間なく安く買う方法はこちら